埼玉某所で推しメンに向かって"推しメン"と叫ぶ

2.20〜22、さいたまスーパーアリーナにて行われた乃木坂46 5th year birthday liveに行ってきました。20日に行われた橋本卒コンには入れませんでしたが。

メモ程度に感想を書いていきます。

 

f:id:wasabi_rc:20170224141415j:plain

 

 

2.21 セットリスト

00 OVERTURE

01 あの日僕は咄嗟に嘘をついた

02 狼に口笛を

03 左胸の勇気

04 裸足でSummer

05 走れ!Bicycle

06 失いたくないから

07 心の薬

08 海流の島よ

09 制服のマネキン

10 サイコキネシスの可能性

11 コウモリよ

12 人間という楽器

13 私のために誰かのために

14 無口なライオン

15 遠回りの愛情

16 転がった鐘を鳴らせ!

17 人はなぜ走るのか(3期生)

18 強がる蕾(3期生)

19 羽根の記憶(3期生)

20 混ざり合うもの(こじまつりと中継)

21 失恋したら、顔を洗え!(乃木團)

22 月の大きさ(乃木團)

23 あなたのために弾きたい

24 僕がいる場所

25 ひとりよがり

26 ごめんねずっと・・・

27 無表情

28 嫉妬の権利

29 急斜面

30 環状六号線

31 欲望のリインカーネーション

32 three fold choice

33 オフショアガール

34 白米様

35 行くあてのない僕たち

36 ブランコ

37 バレッタ

38 ガールズルール

39 夏のfree&easy

40 悲しみの忘れ方

EN01 ロマンスのスタート

EN02 そんなバカな・・・

EN03 乃木坂の詩

 

 

いやあの、すいません。当方井上小百合さん推しですがOVERTUREからの咄嗟の流れはもう二度と観られない(そもそも当時のアンダラ行けてない)と思っていたのであのイントロが始まって思わず「噓でしょ?!」と言ってしまいました。マジで。本人は色んな思いがあるでしょうが、真ん中で輝く推しメンは最高です。

 

 

ちなみにこの日はこの辺りでした。

f:id:wasabi_rc:20170224141720j:plain

3列目です。目の前にもステージがあったためメンバーがたくさん来て終始ンンッ…最高ッ…となっていました。その目の前で特に印象的だったのは、推しメンが間奏(何の曲か忘れた)のダンスで早とちりしてたこと、目の前で踊るまいちゅん・たまちゃん・西野さん・飛鳥ちゃん、楽しそうに踊る理々杏ちゃん、相変わらず元気いっぱいの北野、いつでも可愛いみなみちゃん、ガルルの移動ステージで白石西野ら豪華メンバーがこちらに向かってゆっくりと降りてくる様子…挙げだしたらキリが無いっぽい。特に西野さん、やはり彼女は何か惹き付けるものがありますね。

 

 

強がる蕾を3期生が歌っていたことが少し話題になっていましたが、個人的には歌詞がそれぞれの地元から集まってきてこれからアイドルやっていく彼女たちに合う部分があると思ったので好印象でした。大園は泣くな。笑え。

f:id:wasabi_rc:20170224192811j:plain

 

 

混ざり合うもの、披露のタイミングとしてはここしかないだろうという日で良かったんじゃないかなと。2列前にいたフリコピ完璧生粋の"ちはるーむめいと"が完全に戦闘モードゼロだったのが面白かったな。白石さんがした"こじはるさん"に貰った下着の話、まあまあプレミアじゃない?

 

 

嗚呼、環状六号線。推しメンの歌声は尊いです。1人だけ新聞の向き違ったりダンスの手の細かい動きできてなかったり、、へろへろじゃんw

 

three fold choiceは前日に御三家がやったのでやらないと思ってたので見れて良かったです。悔しいですがオナホリミ可愛いですね。飛鳥ちゃんが目の前で踊っていました。南無。

 

これです。白米様が終わった後に二人のシルエットが見えた時万歳しちゃった。OVERTURE→咄嗟が見れた時点で井上推しとしては死んでましたが環六、さらに行くあて…何回死ぬんや。本人達はあまり良い思いのないこの曲ですがやはり推しがメインの曲は嬉しいもんです。そのあとのブランコの時は抜け殻になっちゃってた。

 

最後にガルルと夏フリではしゃぎ通して終わる…文句なしでした。楽しかったです。

 

これは"マジ"です。いつものは信じないけどね。僕は数回ポロポロ泣いてました(笑)

 

 

あと3期生のあとのMCで推しメンの"高速あなたのハートをくださゆにゃん"見れたの良かったなあ。井上さんに振ってくれた人ありがとうね、誰か忘れたけど。

 

 

 

 

 

 

2.22 セットリスト

00 OVERTURE

01 太陽ノック

02 おいでシャンプー

03 今、話したい誰かがいる

04 春のメロディー

05 扇風機

06 ぐるぐるカーテン

07 水玉模様

08 涙がまだ悲しみだった頃

09 音が出ないギター

10 やさしさなら間に合ってる

11 渋谷ブルース

12 シャキイズム

13 他の星から

14 初恋の人を今でも

15 気づいたら片想い

16 何もできずにそばにいる

17 その先の出口

18 私、起きる。

19 ハルジオンが咲く頃(3期生)

20 白い雲に乗って(3期生)

21 ハウス!(3期生)

22 なぞの落書き

23 傾斜する

24 誰かは味方

25 あらかじめ語られるロマンス

26 立ち直り中

27 もう少しの夢

28 別れ際、もっと好きになる

29 隙間

30 大人への近道

31 憂鬱と風船ガム

32 釣り堀

33 光合成希望

34 空気感

35 口約束

36 かき氷の片想い

37 低体温のキス

38 命の真実(能條王子)

39 僕だけの光

40 2度目のキスから

41 君に贈る花がない

42 何度目の青空か

43 君の名は希望

44 きっかけ

※アンコールは3曲とも21日と同じ

WEN ガールズルール

 

f:id:wasabi_rc:20170224193232j:plain

12列目。この日は同じ井上推しの方と連番でした。テンション上がるタイミングが大体同じなのと、何より推しメンが近くに来た時にお互い狂っちゃうのが楽しかったです。

 

 

1,2日目のセトリを見て3日目大丈夫か…?となっていましたが何だかんだ楽しめました。シャキイズムでダンスをちゃんとやったこと、3期生のハウス!、口約束のコールなどなど。その先の出口、大和がいなくなってから大好き定期。

 

しかし西野さんは他の星からを特に楽しそうに踊るね。今回はちゃんとダンスあって安心しました。

 

 

あと僕実は憂鬱と風船ガム結構好きなんですよ。歌詞が素敵だな~と。よかったら聴いてみてください。ちなみにみなみちゃんセンターです。

 

 

最後何空~きっかけにかけては生演奏でした。乃木坂好きだねこういうの。その分最後のガルルの爆発具合も凄かったけど。ガルル締めもいいですね(乃木詩で終われない体質のオタクになっちゃった)。

 

 

 

新曲「インフルエンサー」を披露すると思ってましたが、MVちょい見せくらいでしたね。MVの感じとダンスバキバキやってるみたいなので少し楽しみになりました。あとは個人PV復活してください。。。

 

 

 

 

 

全体的な感想としては、予め用意していた映像が多く、曲中の演出も見応えがありました。新たな衣装も多く見られて視覚的に楽しめる面が複数あったと思います。MCもいつもの如くグダグダ間延びすることもなく、間のナレーションベースの映像が次の曲へのモチベーションアップに繋がっていたのでは。バスラ、シャッフルするだけでこんなに楽しいんだね。正直言って4thは酷かったです(何なら無理にやる必要はなかったくらい)。今回はそれに比べると準備期間に余裕があったからこそかなと。3日間お疲れ様でした。4thはいらないから5thのを早く円盤化してくれよな、編集テキトーでいいから。

f:id:wasabi_rc:20170224195517j:plain

 

 

 

 

p.s. 井上さん、いつもなら確実に寝ている時間、live終わりのann0もお疲れ様でしたヽ(。・ω・。)

f:id:wasabi_rc:20170224195818j:image

雪、辛かったね

16th握手会(京都)に行ってきました。(1.14,15)

 

 

・全握

この日はかなりシビアでした。センター試験と同日ということもあり(?)気温は0度前後、雪+風の中ひたすら待つ業。

 

 

ミニライブ後、雪が酷いため室内で少し休んでからの握手列、3時間近く凍死しながら並んでいました(休んだ意味)。パルスプラザ敷地外をほぼ2周するくらいならもうパルスやめん?となりましたね。こんな寒い+雪、普段なら絶対に出かけないのに何やってんやろな、と時々面白かったです(気分は死んでる)。

 

 

ようやく中に入ったときは既に手足の感覚逝ってました。これは推しメンに温めてもらおう!となる辺りヲタクだなぁと。井上さん風邪気味だったのにね。

 

この日は4枚だったのでサクサクっと握手。

井上×樋口、斉藤×星野、齋藤、桜井 レーンに行きました。それぞれ今の話題をちょろっと触れるくらい。推しメンには新年のご挨拶とまた明日、と。

 

桜井玲香さんとは初めて握手しましたが超美人ですね。ハッピーゴージャスオーラ(?)ムンムンでした。3月の幕張で会うのが楽しみです。

飛鳥ちゃんが珍しく髪を結んでいて(一つ結びをアレンジした感じ。髪型知識疎くてすまんな)けっこう好みだったので会いに行きました。まあ休憩後で解いちゃってたんですけどね。"ライブの時してた"髪型好き!と無理矢理褒めました。モバメでも後々送ってくれたので万歳です。

 

 

パルスの全握のしんどさは15thでもうお手上げでしたが、初めて握手行くお友達がいたので『しんどいぞ』と言いながら一緒してました。「ないものねだり」を聞くべく(卒コン当たるかわからないので)ミニライブにも行きましたが残念でした。橋本さんお大事に。

 

 

 

・個握

元々この日は行く予定ではありませんでした(名古屋・幕張と遠征する&貧乏オタクのため)。しかし、私の推しメンが15th個握後のブログにてこんなことを言ってるではありませんか。

実は今日は、リクエストに応えて
例の衣装も着たんだけど、恥ずかしいので
写メなしで悪しからず...笑
 
来てくれた方だけのあれってことで!
 
ハロウィンやクリスマスに近い日程のときも、
終日それなりの衣装着ようと思ってます。
新年一発目もなんかやろうかなあ(+o+)

 

新年一発目もなんかやろうかなあ(+o+)…???これは申し込まねばならん(この時4次応募くらい)と豹変し残り少ない枠に投げました。ということでこの日は券がとっても少なかったです。

 

ちなみにこの日会ったのは井上さんの他に山﨑さんと新内さんもいました。2人とも個握は初めて取りました。山崎さんは全握で良い印象を受けたのと、新内さんは応募のころじわじわ気になってましたし、色んな方が新内さんと楽しそうな握手をしていたので取ってみよう、と。結果楽しかったです。

 

前日の影響で辺り一面雪景色、3回ほど滑って体制を崩しつつも会場へ。

 

1部から握手エリアに突入しましたが「井上小百合、体調不良により1部欠席」のアナウンス。まあ、昨日からあまり体調が優れていなさそうだったので仕方ないな、と。井上さん、紅白前に風邪を引いて、治りかけたところで豪雨のUSJライブ(1.8,9)に出たためぶり返し、それが長続きしてた模様です。『今年は体調崩さないぞ!』は早くも終了です。まあUSJの日は可哀想でしたね。そのため今日は2部以降も厳しいだろうなぁ~と持っていましたが2部以降は復活して握手に臨んでいました。行った感じ、病人のような弱々しさはそこまで感じませんでした。のどガッサガサ星人(自称)ではあったので声があまり出ないようでした。

 

レポを一つだけ。

 

この日の井上さんはとっても可愛いかったです。もちろんいつもですけどね。その時の私服です。ブログより。

f:id:wasabi_rc:20170123102329j:image

僕が行った部ではベージュのコートも着てました。先月名古屋で会った時こそ体調不良で弱々しい感じだったので余計にそう感じたのかもしれません。レポの通りベレー帽(髪型もいつもと少し違う)姿が本当に可愛いくて。どうやら井上さん、俺の世界救ってるっぽい。5部のみスヌーピー帽被ってたそうですが知らなかったことにします。

新年一発目もなんかやろうかなあ(+o+)?何のことか忘れましたね。

 

ただ声が出にくいなか喋らせちゃったのは少し反省しています。ごめんね小百合ちゃん

 

 

 

また3.12幕張で会いましょう。

 

 

鼻の骨折を数年後に知る話

小さい頃ってよく"ごっこ遊び"しませんでしたか?僕は小3の頃友達複数名とドラゴンボールごっこが流行っていました。何するのかって、それぞれがキャラクターになりきって戦う遊びです(PS2のドラゴンボールZ3が流行ってたためそれ風)。ちなみに僕は孫悟飯少年期が好きです。

f:id:wasabi_rc:20170113214000j:image

で、ある日いつものようにドラゴンボールごっこしてたんですよ。まあ、僕がどんくさいのもあるんですけど、不意に自分よりも体格の小さい友達の腕と僕の鼻がまあまあな勢いで激突してしまいまして。K.O.ですよ

f:id:wasabi_rc:20170113214832j:image

めちゃくちゃ痛かった割に鼻血も出ない、腫れもしない。半泣きになった程度で、少しして戦場に復帰した_________それが間違いだった。

 

 

それから3,4年後、インフルの検査(鼻に棒突っ込むやつ)をしたんですが、どうも左鼻孔に棒が通らないんです。痛えのに医者がゴリゴリしてくるから半ギレしてました。

意識してみたら呼吸してるの右鼻孔だけ、鼻水が出るのも右鼻孔だけ…これもしかしてヤバイ?ってなって病院へ行きました。色々検査した結果、細かいものを含めて数十カ所の鼻骨骨折だそう。普通真っ直ぐあるものが綺麗に逆くの字。

何でこうなったのか、恐らく戦場でK.O.された際はほんのちょっと曲がったくらいだったのが、小3〜中1と成長期真っ只中で曲がったまま大きく成長し、逆くの字の出来上がり…。

「これは鼻骨骨折の中でもなかなか酷いですね」と言われてビビる僕。どうやらぶつけてからすぐ病院に行けばその時にチョイっとやって治ったらしい。とりあえず手術して治したいのですが、中学生ということでまだまだ成長期、高1でならできるかな、という事で時が経つのをただただ待つのみ。

これ、片方しか鼻が通らないのは集中力が欠けるんですね(術後比)。あと片方が骨がない、スカスカの状態なので鼻水が垂れまくります。他にも色々不便でした。

 

高1の夏休みになり、手術を受けました。鼻の穴と穴の間のところをちょん切って皮をガバッと剥いで骨を削るという手術です。ちなみに全身麻酔、8時間ほど。すこし脱線するんですが(超痛い話します)、全身麻酔が6時間(曖昧)を超える場合、尿道に管を入れる必要があるそうです。で、管を入れるという事は中が傷だらけになるんですよ。術後に用を足すとまあ地獄中の地獄で。一回出し始めると止められない為ひたすら痛みに耐えるという…シャー芯入れるとかいうジョーク(?)ありますけどあれの痛みがマジで分かるような感じでした。そんな長い間全身麻酔手術を受けなくていいように生きていたいものですね。

 

術後数週間は鼻がパンパンに腫れて、鼻にギブスをして生活してました(普段メガネのため、掛けられなくてめちゃくちゃ不便)。先生に術前「腫れが引いたらシュッとしたカッコいい鼻になるよ」と言われていたので腫れが引くのを少し楽しみにしていたのですが_____どうやら折れたまま成長したため皮膚もそういう形になってしまったようで、上手く皮をくっつけられなかったそう。まあ仕方ないのかもしれませんがどうにかならなかったのかなぁ(´・ω・`)でも一応左鼻孔も空気が通るようになりました。

 

ちなみに手術してから数年経ちますがまだ若干腫れています。分からない程度ですが。完全に腫れが引くのはいつになるのやら…

 

まあこれ読んでくださってる方薄々感づいてると思いますがオチのない話です。何が言いたいかって、今子どもがいる方も将来できるであろう方も、子どもが鼻をぶつけたらとりあえず本人の痛みに関わらず病院へ直行してください。大きくなってから気付くじゃ手遅れなんです。

子どもが鼻をぶつける→すぐ病院

 

以上です。

武道館記③(お見立て会)

だいぶ日が経ってしまったのでひっそりと。

 

・10日

さて、クリスマスライブの熱気冷めやらぬまま、今年9月4日に新加入した3期生のお見立て会を迎えます。

 

f:id:wasabi_rc:20161228145928j:image

 

乃木坂46 3期生(年齢 出身地)

伊藤理々杏(14 沖縄)

岩本蓮加(12 東京)

梅澤美波(17 神奈川)

大園桃子(17 鹿児島)

・久保史緒里(15 宮城)

阪口珠美(15 東京)

佐藤楓(18 愛知)

中村麗乃(15 東京)

向井葉月(17 東京)

山下美月(17 東京)

吉田綾乃クリスティー(21 大分)

与田祐希(16 福岡)

 

 

私自身、アイドルのお見立て会は初めて観るのでどのような雰囲気なのか楽しみにしていました。初めての表舞台が伝統ある武道館、乃木坂すげえなぁ、と素直に思ったのですが実際のところどうなのでしょうか。

 

正直なところ募集しだした頃は3期生に対してあまり興味がありませんでした。先輩の実力は凄まじいから、入ってから暫くは苦しいのかなぁ、程度でした。(show room未視聴)

とはいえ、乃木坂46の新メンバーという事で、よく知りもしないのに偉そうな事を言うのは良くないなと思いお見立て会へ行く事を決めました。(実際、チケット応募が始まった頃にはグラビアが掲載されているメンバーもおり、どんな子がいるのか関心が湧きつつありました。)

 

 お見立て会に向けて雑誌等で3期生プチ特集をしているものもありましたが、敢えて自分から情報入れずに行くことにしました。ほぼ白に近い状態で臨んだ方が偏見なく見れるかな、と。

とは言え、暫定センターの大園桃子・ソログラビアで反響のあった山下美月与田祐希 この3名の顔と名前は分かるという状態ではありました。

 

 

お見立て会コンテンツ

・自己紹介

・ミニスポーツテスト

・ミニライブ

・握手会

 

上3つは全て五十音順で行われました。

最初は一人ずつ登場。みんなの初々しさと緊張感が伝わってきました。いや、そりゃ緊張するわ。初舞台がほぼ満員の武道館なんて俺だったら漏らすよ。

暫定センターと言われ注目されていた大園さん、初っ端からめちゃめちゃ泣いてて大丈夫かよ…と。

 

それぞれの自己紹介簡単に書こうと思いましたが面倒くさくなったのでやめます。笑 ハナからレポブログ書けるような人間でもありませんしね

なので印象に残った人について少し。

 

f:id:wasabi_rc:20161228143551j:image

伊藤理々杏ちゃん。シンプルに可愛い。と思って見てたら14歳かい。。あまり歳は考えないようにしよう。

沖縄出身ということで「お目にかかれたらうれしーさー!」と一言。かわいい。トップバッターで緊張も大きかったと思いますが立派でした。

 

f:id:wasabi_rc:20161228143831j:image

梅澤美波ちゃん。15歳の時に24歳に見られたことがあるそう。だいぶ大人っぽい人だなあとは思いましたが(現在17)。

「誰かの人生に影響を与え、コンプレックスである身長を武器にして、応援してくれる人を幸せにしたい」と力強く目標を述べていました。

 

f:id:wasabi_rc:20161228144450j:image

久保史緒里ちゃん。歌を披露していましたが、普通にうまい。あんだけの観衆の前で大したもんだなぁと。

「みなさんと約束します。私、変わります!」と宣言したのも印象的でした。

 

f:id:wasabi_rc:20161228144737j:image

中村麗乃ちゃん。横笛難しいよね、音楽の授業でやってたから分かるよ〜偉いねえ。(最初はカスってましたが何とか吹けてました)

 

f:id:wasabi_rc:20161228144837j:image

向井葉月ちゃん。ギターも歌も上手だなという印象です。「いつかLIVE渋谷ブルースを弾きたい!」という乃木坂に加わっていこうという姿勢が見られて良いなと思いました。

 

f:id:wasabi_rc:20161228145023j:image

山下美月ちゃん。この人は私の知り合いにめちゃくちゃ似てるんですよ。まあまあガチ。

それはさておき、美月ちゃんは喋り終えた後の笑顔がキュートです。ここから更に仕上がっていくと思うと恐ろしい。づっきーというあだ名はそのうち消えると思います。笑

 

f:id:wasabi_rc:20161228145351j:image

与田祐希ちゃん。五十音順で最後なので毎回無茶振りをさせられてましたが立派に応えてました。偉いね〜よく頑張ったね〜って感じです。まず3期生が一列に並んだ時に端っこだけちょこんと小さいのが可愛い。「小さいけど色気はあるとよ〜」だそうです。博多弁ずるい。

 

 

ミニスポーツテストはマット運動(前転後転側転)・走高跳・ドリブルシュート(バスケ)の3つでした。

年頃の女の子がマット運動してるのをまじまじと見てるのもなぁ…と思いながら。番組企画で編集込みで見るのがちょうど良いですね。

残念ながら高山さんみたいに背面助走をしたり、ひめたんみたいにゴールポールに激突したりする子はいませんでした。

f:id:wasabi_rc:20161228153121j:image

 

ミニライブ(センター)

・命は美しい(大園)

裸足でSummer(与田)

・ガールズルール(山下)

の3曲でした。

 初パフォーマンスだしぐるぐるカーテンおいでシャンプー君の名は希望くらいだろうな〜と思っていたオタクなので正直ビックリしました。加入して3ヶ月で武道館であれだけパフォーマンスできていたのは凄いなと。

f:id:wasabi_rc:20161228152113j:image

f:id:wasabi_rc:20161228152118j:image

f:id:wasabi_rc:20161228152121j:image

 特にガルルの山下美月ちゃんはとても可愛いかったです。上でも書きましたが笑顔がキュート、ガルル似合ってたなぁ。

3曲見た感じフォーメーションで運営がどの子を推したいのか何となく分かるものではありました。

歌声や抜かれた時の表情のレパートリーはまだまだと言ったところでしょうが、それは当たり前です。先日行われたFNS歌謡祭に出演し、3期生だけで行われる「3人のプリンシパル」を経て乃木坂46にどんな風を吹かせてくれるのかとても楽しみです。

 

3期生のリレー形式でのブログも始まっています。→乃木坂46 3期生 公式ブログ

武道館記②(アンダー公演2日目)

・9日

 アンダー公演2日目です。この日はアリーナA9ステージから4列目と端っこではありますが充分近い場所から観ることができました。自分の前方にいた方々、低身長が多かったのも幸運。

ブランコから始まるのですが、最初の衣装がなかなか好みです。

f:id:wasabi_rc:20161215151853j:imagef:id:wasabi_rc:20161215151905j:image

デニム生地のデザイン、メンバー各々で違った衣装というのが◎でした。

 

選抜公演では一人一曲プロデュース企画がありましたが、アンダーでも昨年同様全員センター企画。16thは16名という事で表題曲をやる、とのこと。

この日は

・夏のfree&easy(鈴木)

・命は美しい(川後)

今、話したい誰かがいる(川村)

バレッタ(斎藤)

君の名は希望(斉藤)

走れ!Bicycle(純奈)

・太陽ノック(山﨑)

おいでシャンプー(和田)

 

企画が始まる前にメンバーがくじを引く様子の映像が流れ、当たった曲のセンターをする、というものでした。ランダムより、それぞれがやりたい曲をやる方が本人らしさが出るだろうしそっちの方が良いんじゃないの?と思っていました。

 

  川後『私ダンス下手なのに命とか無理無理』

  斉藤『私はけっこうわちゃわちゃした曲のイメージかなぁ』

  純奈『サヨナラの意味か、ダンスバキバキやるみたいなカッコイイのやりたかった』

(一部抜粋)

 

と本人たちが言っていたり、私自身、川村さんにはダンスナンバー、山﨑さんには命美しいをやって欲しい(去年の「何もできずにそばにいる」を見た影響)と思っていたりと、各々のイメージに近いものを想像していました。しかし、披露後はランダムだからこそイメージとは違ったパフォーマンスが観ることができたメンバーも多く、結果的に良かった、という結論に至りました。この曲のセンターをするために新たに学ぶことがあった、と複数名述べており、また新たな引き出しができて良い機会になったのでは、と思います。

 

さて、全員センター企画は終わりましたが、私がもう一つ楽しみにしていたこと。それは、ろってぃが12月8日のブログ

でもさ。。。
明日のLIVEはもっとヤバいLIVEになるんじゃないかな?って、、
アンダー初、ぃゃ、乃木坂初の何かが...
 
まぁさ♡ まだ秘密だけどーーーー╰(*´︶`*)╯♡♡

 と言っていた件です。乃木坂初ってなんじゃいな。よく分からないままライブは中盤へ。

MCで『乃木團の登場です!』と告げられると、ギター・キーボード・ドラムそれぞれ単独での音が鳴り響く。最後にボーカルの2人が登場。前日選抜公演を行っていた齋藤飛鳥中元日芽香の2人が駆けつけ、乃木團のステージに。クリスマスロックンロールメドレーと題し、披露されたのは

もろびとこぞりて*

・あの日 僕は咄嗟に嘘をついた

・生まれたままで

サンタが街にやってくる*

・狼に口笛を

・涙がまだ悲しみだった頃

の6曲。乃木團といえばOne Night Carnivalぐるぐるカーテン・狼に口笛を・失恋したら、顔を洗え! の4曲が持ち曲なため、ほぼ初披露のもので非常に新鮮でした。乃木團メンバーのブログ等を読むと、これらを仕上げるためになかなか大変な苦労をしたようです。。素晴らしい演奏でした。乃木團の演奏に合わせてメンバーがパフォーマンス。クリスマスアレンジもあり、クリスマスライブっぽさをより感じました。

乃木團披露後のMCにて分かったのですが、乃木團と乃木坂46が同時にパフォーマンスすることは初めてとのこと。乃木坂初の・・ってそうかこのことかと。乃木團自身はbirthday liveに登場していたのでピンときていませんでしたが同時で、は確かに初だなと。

ファン側はアンダーライブとはいえ選抜の飛鳥ちゃんとひめたんが登場ということでかなり沸いている様子でした。そんな中、当の2人は『あくまでゲストなので』と立ち振る舞っているように見え、好印象でした。

f:id:wasabi_rc:20161215190016j:image

赤いブーツがかわいいです。

 

 

 

今回16thアンダーセンターは寺田蘭世さん。私は彼女のことはあまり詳しくありませんが、乃木坂に入った当初から「(選抜の)センターになります」と力強く宣言するなど、内に秘めたる熱いものを持った方、という印象はあります。目標を明確に定め、それに向かって日々励む…誰しもそんな姿は素敵です。

今回のアンダーライブでもMCでの寺田さんの力強い言葉が反響を呼んでいました。しかしながら、私は寺田さんに対してそのMC以外であまり存在感を感じませんでした。どちらかと言えばパフォーマンス中は中田・樋口の印象が強いです。私の中では中田さんは元々ダンスを始めパフォーマンス力の高い人、樋口さんは15thアンダーセンターを経て一気に力を付けた人、という認識です。

11月8日の寺田ブログにはこう書かれています。(一部省略)

今回センターを務めさせて頂いています。
 
 今年の冬、色々な感情を手に入れたり
もっと新しい自分を探し、見つけられればと思っています。
 

アンダーライブが始まってからのアンダーメンバーのセンターは皆に
「座長」と言われてました。
 
私の事はそう呼ばないで下さい。
 
 何でこんなことわざわざ
言うかと言いますと
長い期間研究生やアンダーを経験してたからこそ
思う事なのかもしれません、、、
どこに居ようと   
どんな環境であろうと
その場で己がどれ程輝けるか
そして「皆」が居るからこそ それぞれが成立していて個性となり
1人1人の色を出せます。
1人欠けたら
これは成立しないものです。
 
 だから私1人が「座長」です。
って強調はしたくないなって
 
 それぞれが
作り出すのだから
1人が座長はおかしい
私は皆が座長だと思ってます。
自分のポジション
自分の踊り方
自分の歌声
誰も同じ人はいないから
その人が欠けたら
違うものになる
だから、常に皆それぞれ
自分が自分を立たせなきゃならない。
 
 これは、私はアンダー3列目に立たせてもらってた時そう感じました。

 

 確かに、ソロ曲でない限り各々のポジションがあって一つの楽曲を作っています。ですが、楽曲の印象はセンターのイメージが大部分を占めると思っています。主軸としてもっともっと寺田色を見せてほしかったかな、というのが正直な感想です(井上さんのいない公演のため可能な限り全体的に観ていたつもりです)。

ただ、公演後のブログでは

本当に伝えたい事しっかり言えました!
だから凄くスッキリしてます!
悔いはありません!

 

まだまだ
夢の途中ではありますが
昔とは違ってさらなる確信があります
今は、しっかり大きく力強く地に足が付いている気がします!

 

と綴られていました。 本人の中で何かしら手ごたえを掴めたのでしょうか、今回の武道館は特に充実していたことが伝わってきました。私の観る力が無いだけかもしれませんね。

3期生が入ってきたこともあり、またさらに刺激を受けていることと思います。これから先が更に楽しみになりました。

f:id:wasabi_rc:20161215195408j:image

 

 

武道館記①(選抜公演2日目)

 12月6~10日、武道館にて開催された乃木坂46Merry Xmas Show 2016(8,9日)・3期生お見立て会に行ってきました。せっかくなので感想をだらだらと書いていこうと思います。

 

f:id:wasabi_rc:20161211234726j:plain

 

・8日

 選抜公演2日目、ステージサイド北西L列でした。メインモニターは見えず(左側に小さいモニターはありました)、メンバー達の右後頭部を主に見るという形でしたが会場には入れただけでも満足です。

今回の見どころは何といっても1人1曲プロデュース企画かと思います。推しメン、井上小百合さんはこの日が出番だということで私は胸を躍らせながら武道館へ。

この日の1人1曲プロデュース企画は

・あらかじめ語られるロマンス(高山)

・海流の島よ(新内)

・行くあてのない僕たち(中元)

・欲望のリインカーネーション(桜井)

・無口なライオン(松村)

・白米様(白石)

・でこぴん(井上)

・ここにいる理由(生駒)

・ごめんね ずっと・・・(衛藤)

・人はなぜ走るのか?(齋藤)

でした。

 

 高山『お星さま、今日くらい私に可愛い事させて!』というセリフ(曖昧)から始まります。妄想系に人一倍気合が入るなど乙女チックな面もある高山さん。普段からもっと"可愛い"を出してくれていいのだよ…!と思いながら。勿論、普段の佇まいも充分可愛いのですけどね。私は番組でよく見る彼女の和やかな笑顔が好きです。

そんな高山さんに可愛い事をさせたお星さまたち

f:id:wasabi_rc:20161213131136j:plain

座席がステージ後方だったのもあり、お星さまが誰一人分からなかったので個人的にツボでした。お星さまの動きも愛らしかったです。

 

 海流姉さんこと新内さん。まさかの選曲と衣装に驚き笑いました。新内衛藤白石橋本松村とお姉さん揃い踏みでセーラー服を拵えての登場。しかも新内さんはツインテール。振り切った演出で面白かったです。お姉さんたち、まだまだセーラー服もいけるよ…!

おそらく見納めでしょう。

f:id:wasabi_rc:20161213132030j:plain

 

 続いて流れ出した曲は「行くあてのない僕たち」。これは井上・万理華のユニット曲であり、誰だ誰だとざわついていました。そこの現れたのは中元日芽香さん。中元さんは井上・万理華の3人で仲が良く「温泉トリオ」などとよく言われており(私はこの呼び方は好みませんが)、その仲の良い2人の曲を歌い上げるのか!と熱くなりました。すると途中から井上さん万理華さんが両サイドから登場してくるではありませんか。まさにうおおおおおお!って感じです。この3人はNOGIBINGO!などで紹介されたようにふざけているイメージが強い。だからこそ真剣な表情でパフォーマンスする3人の姿にはより一層惹かれるものがありました。3人の空気感すてき。絆ってやつですかね。

f:id:wasabi_rc:20161213133946j:plain

ところで、中元さんは自身のモバメでこの衣装を着た写真を送ったそうですが、当の2人は初披露から特に写真は無し…いや別にいいんですけどね。めちゃめちゃ見たいですけど。

 

 桜井キャプテンの欲望のリインカーネーションには圧倒されました。彼女の魅せる力はとんでもないです。元々私は桜井さんがダンスする際の髪の使い方がとても好きだったのですが今回はそれに"エロ"が加わったような印象です。黒のセクシーな衣装を身にまとい、髪・目つき・動きのしなやかさであの空間を桜井玲香一色に染め上げていました。普段はふわふわとした印象の彼女がパフォーマンスするとなるとああいった表情を作り上げてくるのでそのギャップは堪らんですね。

 

 ここで一旦映像が挟まれる。松村沙友理さん。弾き語りをしたい、と言ったのは予想外でした。少し不安そうな表情でギターを抱えて出てきた松村さん。弾き始めたのは無口なライオンでした。西野さんのイメージが強いこの曲ですが、映像中で彼女が『直接話すのは難しいけど、歌に乗せてなら伝えられる』(曖昧)と言っていたように、松村さんの色になっており、素直に歌もギターも上手いとは言えませんが、彼女の経験や気持ちが歌声にこもっていたように感じました。歌い終わり、『サイリウムを赤にしてくださって、、ありがとうございます』と遠慮気味にぺこぺこ。『何人か違う色だけど、むぅ!』といつもの可愛い彼女も見せてくれました。

和やかな雰囲気の中、とにかく明るい白石麻衣さんが『白石麻衣クーイズ!!』と登場。ここでさゆまいの掛け合い、松村さんの表情が緊張からぱあっと明るくなりました。ホワイトボードに 麻 白 衣 石 と貼られ、正しく並べ替えなさい、と。何言ってんの?笑 と思いながら見てました。『そんなの簡単じゃん!』と松村さんは「白石麻衣」とささっと並べ替え。すると白石さんはホワイトボードの裏側から「様」を取り出し「石」を除去。再び並び替えて浮かんできたのは「白麻衣様」、、そう「白米様」。『一人一曲プロデュースの話が来た時にすぐに白米様やりたいって思ったの!」と白石さん。本当かよ。

f:id:wasabi_rc:20161213152306j:plain

 

続きを読む